ツキノワグマの出没に注意しましょう。

 令和3年7月16日(金)に林業現場での作業中に作業員がクマ(ツキノワグマ)に襲われ、頭や背中等に重傷を負う事故が発生しました。

 春から秋にかけては、クマの行動が活発になる時期で、野生動物の生息地である森林内だけでなく、農地や集落など人間の生活域でのクマの目撃・出没情報の件数も多くなります。

 最近の傾向としては、突然の遭遇時の被害だけでなく、クマと一定の距離があった場合であっても、クマが襲ってくる事例も発生しています。

【留意していただきたいこと】

  〇 林業現場での作業にあたっては、クマの出没情報に事前に確認すること。

    ※市町村HP等で最近の出没情報を確認することできます。

    ※参考サイト Gaccom安全ナビ https://www.gaccom.jp/safety/ 野生動物の出没情報を確認することができます。

  〇 森林に立ち入る際には、大きな音等による追い払いを行うこと。

  〇 特に、クマの行動が活発になる早朝、夕方の作業時には、周囲に気を付けること。

  〇 単独行動を避けること。

  〇 クマ対策スプレーやナタを携行すること。

    ※クマ対策スプレーは直ぐに取り出せる状態にしましょう。

  〇 有害鳥獣用捕獲ワナの設置場所を事前に確認すること。

    ※捕獲ワナの付近クマが出没することがあります。

【参考資料】

環境省HPクマ類の出没対応マニュアル

群馬県HP「クマによる人身被害が発生しましたので、注意してください。」

ツキノワグマに関する注意喚起ポスター※ダウンロードして、ご活用ください。

 PDF版 ポスター1  ポスター2  ポスター3  クマ対策スプレーの留意事項

 パワーポイント版  ポスター1~3ファイル 

お問い合わせ