「森林」を守り育てながら、「木材」を生産する。

森林は、木材を生産するだけではなく、豊かな水を貯えたり、山崩れなどの自然災害を防いだり、野生動物の生息場所となったり、あるいは二酸化炭素を吸収し、地球温暖化を防ぐ上でも大きな役割を果たしています。

これらの森林の役割は、多面的機能(公益的機能)と呼ばれ、私たちが生活する上でとても大切です。この多面的機能を高度に発揮するためには、森林を適切に管理し、維持し続ける必要があります。

林業は、このような森林の機能を維持するために、森林を守り育てながら、木材を生産するとても大切な仕事です。

「親が植え、子が育て、孫が伐る」という言葉を聞いたことはありますか?それぞれの世代が山や森林を管理し、次の世代へ引き継いでいく。林業は、親子三世代100年にわたるとても壮大で魅力的なプロジェクトです。

県内森林の公益的機能の評価額(年間)

項目(機能)

県内森林の評価額

水源涵養

4,775億円

土砂流出防止

4,742億円

土砂崩壊防止

1,417億円

保健休養

378億円

野生鳥獣保護

(参考表記)

大気保全(二酸化炭素吸収)

208億円

化石燃料代替

39億円

合計

1兆1,559億円

※平成13年 日本学術会議答申「地球環境・人間生活にかかわる農業及び森林の多面的な機能の評価について」に基づき、全国の評価額を群馬県の森林面積で按分して算出

立木の収穫作業(収入間伐、主伐)

木材として利用が可能な大きさまで成長した立木は、伐採し山から搬出し、原木市場や製材工場へ運びます。

気を切っている写真

伐採作業

立木(りゅうぼく)を切り倒す作業です。主にチェーンソーを使用します。地形条件が良い場所では、機械による伐採作業も可能です。

重機で木を持ち上げている写真

木寄作業

林地内に散在している伐倒木を作業しやすい場所まで集める作業です。機械やウィンチによって木を集めます。

重機で木を持ち上げている写真

造材作業

伐倒した木の枝と梢を切り落とし、決められた長さの丸太を作る作業です。玉切り作業とも言います。

トラックに木を積んでいる写真

集材/運材作業

造材された丸太を集め、大型トラックに積込みが可能な場所(土場)まで運ぶ作業です。丸太を掴む専用のアームが付いた運材車をフォワーダと言います。

重機で木を持ち上げる写真

はい積作業

土場まで運ばれた材を、大型トラックに積み込むために、一時的に集積する作業です。材の長さ、太さや曲がりの有無により分けて選別します。

森林を整備すると

木を伐採、森林を整備 木材生産、収益を得る 森林が健全になる 公益的昨日が発揮される

資料:群馬の森林・林業

健全な森林 水を蓄える、水源かん養 土壌保全 生物多様性。森林がない 水が流れてしまう 土壌流出・崩壊 生物が住めない

資料:群馬の森林・林業

  • 群馬県地図
  • 群馬県の土地利用面積
  • 群馬県の民有林の樹種面積
  • 関東地方1都6県の森林面積
  • 民有人工林の年齢
  • 群馬県の林業労働人口
お問い合わせ