アピールポイント

当管内の民有林は6379haそのうちの人工林が3706ha、内訳としてスギ・ヒノキが約3割、マツ林が6割、広葉樹が1割の構成であります。
赤城南麓地区では、大半を占めるマツ林が松くい虫被害を受け、未整備・放置林化しアズマネザサが密生しており、森林の公益的機能の低下や有害獣類の温床になり林業被害をはじめ農業、そして住民生活にも支障を来たしております。
このような状況下、松くい虫被害で荒廃したマツ林において樹種転換造林、獣害対策や下刈等保育施業を中心に実施し、森林の再生・地域森林の活性化に努めております。
また今後も林業技術者等の育成に努め、地域林業の担い手として取組んで参ります。

事業体情報

認定事業体

赤城南麓森林組合

代表

代表理事組合長 前原良男

創業設立

平成12年

資本金

8,096,500円

事業所所在地

〒371-0235 群馬県前橋市滝窪町1335-28

電話番号

027-283-5067

FAX番号

027-283-5626

メールアドレス

nanroku@opal.plala.or.jp

ウェブサイト

事業内容

造林・保育・林産・支障木伐採

保険・退職金制度

社会保険完備(健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険)
団体傷害補償制度・障害共済保険加入
退職金制度あり(中小企業退職金共済制度)

従業員等

13名(事務員6名(総務部3名、事業部3名)・森林作業員7名)

採用実績

平成30年度:1名
平成31年度:1名
令和2年度:1名

研修制度

緑の雇用研修(H31: 1名、H30:1名)

地図

お問い合わせ